typolayout
typolayout
design

2012年に読んだ本

ここのところすっかり更新しない状態が続いていました。見てみると最後にカレンダー以外で更新したのは夏、それも暑中見舞いアップのお知らせだけ。 DSC_0024.jpegここ2年は子供が生まれたというのもあって、ゆっくり本を読んだり、映画観たりという時間がほとんどなかったんですが、ようやくいろんな事が落ち着いてきて映画を観たり、前まで自転車通勤だったのが電車で1時間の遠方に引越して通勤電車で本を読んだりという時間を持てるようになり必然的にインプットする事が多くなりました。

観たり読んだりをする機会は増えたもののそれについて文章でアウトプットする習慣がまったくなくなってしまったので、ただ観ただけ、読んだだけになりがちでした。
歳のせいか内容を忘れる事も多いのでこれはいかんと思い、再び文章によるアウトプットに時間を割こうと思い久々の文章書き。
今回は2012年に読んだ本についての簡単な感想にしておきます。

昨年読んだ本で印象に残ってるのは何かなと考えてみると、前半の事はほとんど覚えていない、というか6月に引越ししたのでたぶんあまり読んでいない。
後半はといえば、結局再読した本が多かったので今これというのはないですが印象に残ってるのは

トリツカレ男
ラビット病
イニシエーションラブ
ぼくは模造人間
69
戦後史の正体

トリツカレ男 (新潮文庫)  いしいしんじ
その時々でなにかに熱中する男が女の子に恋をする話。
思い込んだら体格が変わってしまったり、主人公と女の子の童話のような性格のストレートさが面白かった。

ラビット病 (新潮文庫) 山田詠美
友達に借りた本、エッセイのような軽さで一気に読んでしまいました。著者がモデルだそうですが、ラブリーな二人の生活は読んでて楽しいです。

イニシエーション・ラブ (文春文庫) 乾くるみ
ネタバレになるのであまり言えないのですが、途中で若干違和感を感じてしまったので読み終わったあとのやられた!感が少し少なかった。

1Q84 BOOK 1  村上春樹
最後が今ひとつ良くわからなかった、もう一度読めばもう少し理解出来るのだろうか。
80年代の雰囲気。

僕は模造人間 (新潮文庫) 島田雅彦
家にあった本を読んでいた中でかなり当たったと思った作品。自らを模造人間と称し、生に興味がなく、常に斜め目線で世の中を眺める主人公の少年が生に執着する瞬間までを描いた物語。シニカルな内容が続く中、山登りのシーンは感動的ですらあります。

69 sixty nine (集英社文庫) 村上龍
タイトルも装丁も好きで中身は大槻ケンヂかと思うような青春もの。

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
元外交官の  孫崎が敗戦から現在に至るまでの日本の歴史をアメリカとの結びつきに重点を置いて書いた歴史本。
普段の生活で感じる事はあっても、なかなか実感のわかないアメリカの影響がここまで深刻なのか少しわかる書籍。
特に第二次世界大戦でアメリカが日本に敷こうとした統治形態、共用語を英語としアメリカ人への治外法権の全面的な付与など実現していたら今の日本がなかったであろう施策が一人の日本人によって防がれたことや、アメリカと対等に渡り合い剛腕と言われた吉田茂が実はアメリカの言いなりになっていただけだった、戦後40年で日中国交正常化を達成した田中角栄がなぜ失脚したのか。
アメリカの日本の政治への影響力を通して日本の今の政治が見える本です。

本に関係する記事

<SMTCollectedAttr attr=

2012年に読んだ本

ここのところすっかり更新しない状態が続いていました。見てみると最後にカレンダー以外で更新したのは夏、それも暑中見舞いアップのお知らせだけ。 <SMTCollectedAttr attr=

珍品堂主人 井伏鱒二

骨董にまつわる随筆集「文士と骨董」で気になった井伏鱒二の傑作。

<SMTCollectedAttr attr=

青山二郎 「眼の哲学 利休伝ノート」 後編

青山二郎「眼の哲学利休伝ノート」前編の続きです.

<SMTCollectedAttr attr=

青山二郎 「眼の哲学 利休伝ノート」 前編

とにかく物がよく見える人ってのがたまにいて、自分はなかなか物が見えないたちなのでそういう人にまれに出会うと本当に尊敬してしまう訳なんですが。

<SMTCollectedAttr attr=

2009

2009もいろいろありました。
いろいろあったわりにはあっという間に1年過ぎて、今年の頭にあった事がもう2,3年前のことの様な気すらします。
<SMTCollectedAttr attr=

パリ左岸のピアノ工房

「私の頭をかすめたのは小型のアップライトで、黒いラッカー塗装に多少の疵はあるものの、アクションは完璧で奇跡的なくらい安いピアノのイメージだった」

<SMTCollectedAttr attr=

ピアニストという蛮族がいる

pianokey.jpg

中村紘子のピアニスト観察、アイリーンジョイス、久野久、ラフマニノフ、パハマン、ミケランジェリ、グールド。

<SMTCollectedAttr attr=

超大型本のススメ

corbusier.jpgウォーホルから歌川広重、コルビジェの大型本、さらには200万円超えまで。

<SMTCollectedAttr attr=

新しき村についての対話

atarasikimura.jpg
家の本棚にあった武者小路実篤集を読んでいます。
その中にある「新しき村についての対話」と先日観たビデオ「ザ・ビーチ」が頭の中で妙にリンクして以来、「村作り」という言葉が妙に頭に浮かぶ。

<SMTCollectedAttr attr=

ピアノ弾きよじれ旅

yamashita.jpg

東が完全に人工のピンクの月であった青い山脈の優しさは上がってしまいました。

その他の本に関する記事

design

気になったもの、ことを徒然なるままに書いています。

Category

recommend
    recommend
    Loading
    design

    TYPOLAYOUTのデザイン活動をお知らせしています。
    お仕事の依頼も承っております。

    eclipse主催公宴“太陽が熱すぎたから” フライヤー

    <SMTCollectedAttr attr= イベントフライヤーを製作しました。
    design

    ダウンロードして使うカレンダーなどの配布をしています。

    Free Simple Color Calendar

    design

    土日祝日が色分けされたベーシックなシンプルカレンダーです。文字が大きく見やすく据え置きに便利です。

    Free Simple Calendar

    calendar

    スミ一色のシンプルなカレンダーです、書き込みスペースを広くとってありスケージュール管理にもお使いいただけます。

    recommend

    利用規約

    ・当サイトのPDFを使用した事によって生じたトラブル等、いかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

    ・ダウンロードしたPDFファイルを無断で再配布すること禁止します。

    Copyright ©2007-2013 anonymeAll rights reserved.